センチュリー21ネクストは千葉ロッテマリーンズのオフィシャルスポンサーです
船橋スタジオ

〒273-0005 千葉県船橋市本町6-21-18-1F

0120-787-221

OPEN/9:30-20:00 定休日/水曜日・第一火曜日

横浜スタジオ

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町84-5-5F

0120-767-221

OPEN/9:30-20:00 定休日/火曜日・水曜日

DETAIL特徴

デイトナハウスならではのオリジナルディテール

UNIQUE DETAILS

フェイクな素材をできるだけ使わないで、売ってないものは自分で作ってしまう。
これを素材選びにおけるコンセプトに掲げています。それが永い間愛着が持続する家の秘訣だからです。

剥き出しの空間を可能とした構造体

LGS SYSTEM

DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)LGSシステム

1999年から弊社が開発を始めた軽量鉄骨パネル工法は『LGSシステム』は、“Cチャンネル”と呼ばれる125×50㎜のコの字型の材料を長方形のパネル形状にしてボルトで組み立てていく工法です。パネルの大きさは縦2.7m、横1.82m(一間)です。つまり横幅は畳一枚の大きさです。昔から「立って半畳、寝て一畳」と言いますが、もともと日本の在来木造工法は、この一間のモジュールを組み合せたシステム工法なのです。LGSシステムは、この人間の身体を基準にしたモジュールをそのまま援用し、様々な用途に供するよう発想した温故知新の工法なのです

空間にアクセントを加える鋼鉄製らせん階段

DINOSAUR BONE

DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)らせん階段ダイナソーボーン

まるで“恐竜の肋骨”をイメージさせるらせん階段「ダイナソーボーン」。センターポールと各ステップを分解可能な単体パーツとして開発したことによって、生産・輸送コストを合理化し、リーゾナブルな商品としてリリース。パウダーコーティングによって施されたマットな質感が、より重厚で迫力ある存在感を放ちます。また、らせん階段はインテリアの一部として部屋を引き立てるだけでなく、通常よりもスペースを取らないため、機能面においても優れています。

  • 見た目と性能の両立を果たす内外壁

    GALVALUME WALL

    DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)ガルバリウム鋼板

    「ガルバリウム」という素材は、アルミニウムと亜鉛の合金です。メンテナンス性に優れ、しかも錆びにくいので、今では多くの住宅の外壁に採用されています。この素材を贅沢にもインテリアに使ってしまおうというのがデイトナハウス流。LGSの鉄骨フレームに縁取られたガルバリウムは、まるでウェアハウスやコンテナのような印象を与えてくれます。

  • シャープなラインを形成するFIX窓

    STEEL FIX SASH

    DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)FIX窓

    今では日本中のサッシはアルミ製ばかりになってしまいましたが、デイトナハウスはオリジナルのスチールサッシを採用しています。他の骨格同様に、アングル枠&押し縁をパウダーコーティング化したのも特徴で、このスチールサッシがシャープな外観を形成するひとつのポイントになっています。まるでイームズハウスの様な大開口があるファサード。それは、このオリジナルスチールサッシだからこそ成せる技です。

  • 家具だって自由自在に拡張可能

    FAS BRACKET

    DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)FASブラケット

    工作室によくある万力の締め金具を応用して、LGSパネルの胴縁にDIYで留めつける棚板金物。棚板以外にTVボード、カウンター、洗面台と幅広い用途に利用することが可能です。このFASとは“FurnitureAlthough Structure”の略語で、ずばり“構造体なのに家具である”を意味し、LGSパネルという構造材を家具に変身させるのです。しかも他の鉄骨と同一の素材を採用しているも嬉しいポイントです。

閉じる

モデルハウスや商品のこともっと知りたい