センチュリー21ネクストは千葉ロッテマリーンズのオフィシャルスポンサーです
船橋スタジオ

〒273-0005 千葉県船橋市本町6-21-18-1F

0120-787-221

OPEN/9:30-20:00 定休日/水曜日・第一火曜日

横浜スタジオ

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町84-5-5F

0120-767-221

OPEN/9:30-20:00 定休日/火曜日・水曜日

DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)LGSシステム

剥き出しの空間を可能とした構造体

DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)LGSシステム

LGSシステムとは、同じ形状の「LGSパネル」を使いながら、
様々なユーザーのご要望に応える、フレキシブルな建築システムです。

DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)LGSパネル

LGS PANEL

DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)LGSパネル

対角線のクロスしたパーツは「ブレース」と呼ばれる筋違いで、力の伝達を受け持つ大切な部分です。デイトナハウスは、この基本の形を連結することで住宅、ガレージ、別荘、店舗、マンションなどの様々な建築に対応できます。また、パネルの枚数を数えるだけで、建物の広さ、概算コスト、ライフスタイルも連想しやすいのもメリットと言えます。

DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)LGSパネル連結
  • CASE01

    DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)LGSパネル4

    畳二枚分の最小単位建築

    茶道の世界でも畳二枚の大きさを最小単位としています。この最小単位を意識しているのは日本人だけかもしれません。極端な話、LGSパネル4 枚あれば、人間は雨風を凌いで生きていけるという哲学的なカタチが構成できます。この最小単位を少し意識することで、必要にして十分な自分の空間をイメージすることができるのです。

  • CASE02

    DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)LGSパネル20

    アメリカ的郊外型平屋

    平屋においてもシャープでソリッドな建築フォルムを実現可能です。これはもともと50年代のアメリカ西海岸の実験住宅群「ケーススタディーハウス」に触発され、建築構造の規制が厳しい日本で同じテイストを実現するために開発されました。郊外型住宅やウィークエンドハウスなど、自然と一体になった美しいラインの骨組み原型です。

  • CASE03

    DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)LGSパネル44

    3階建てガレージ住宅

    LGSシステムは、軽量鉄骨造に分類されるので、建築基準法では3F 建てまでが可能範囲です。いわゆるうなぎの寝床状態の都市型敷地で、インナーガレージ付きの住宅を形成するカタチ。建物の一番奥にらせん階段を設置して、屋上まで続くコアを作る。ちなみに最上部に設けられた方丈(パネル4枚の箱)は、階段室となっています。

閉じる

モデルハウスや商品のこともっと知りたい