センチュリー21ネクストは千葉ロッテマリーンズのオフィシャルスポンサーです
船橋スタジオ

〒273-0005 千葉県船橋市本町6-21-18-1F

0120-787-221

OPEN/9:30-20:00 定休日/水曜日・第一火曜日

横浜スタジオ

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町84-5-5F

0120-767-221

OPEN/9:30-20:00 定休日/火曜日・水曜日

DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)TYPE-B

デイトナハウスが提案する新しいカタチの規格住宅

デイトナハウスのエッセンスを4スパン×4スパンに凝縮したBOX型の規格住宅。それがTYPE-Bです。ガレージ付きの「ML(MOTOR LIFE)」は、クルマやバイクなど“移動”を人生の中心に置いたアクティブな住まい手に。「OL(OPEN LIFE)」では、豊かな吹き抜け空間や大らかなフリースペースでクリエイティブなイメージの世界を楽しむ人に。住まいは家族やライフスタイルの”BASE”となる存在でありたいとデイトナハウスは考えています。

TYPE-Bに結晶した独自の技術とデザイン

デイトナハウスには、弊社の20年以上の実績から開発されたオリジナルの技術が数多く散りばめられています。しかもそれらは個別に誕生したのではなく、“骨格主義”という共通のコンセプトから生み出され採用されたものなのです。

  • DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)TYPE-Bのテ技術DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)TYPE-Bの技術
  • DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)TYPE-Bの技術DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)TYPE-Bの技術
  • 1

    LGS SYSTEM

    デイトナハウスの根幹を成す軽量鉄骨パネルシステム

    DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)LGSシステム
  • 2

    DOUBLE BRACE

    耐震性とデザイン性に寄与する美しいダブルの筋違い

    DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)ダブルの筋違い
  • 3

    TRUSS

    空間に“リズム感”を加える手作りの鉄骨トラス梁

    DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)鉄骨トラス梁
  • 4

    DINOSAUR BONE

    空間に鎮座するオリジナル鋼鉄製らせん階段

    DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)らせん階段ダイナソーボーン
  • 5

    GALVALUME WALL

    内外壁に採用したガルバリウムウォール

    DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)ガルバリウム鋼板
  • 6

    STEEL FIX SASH

    シャープな外観を形成するオリジナルのスチールFIX窓

    DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)スチール窓
  • 7

    EXTERNAL INSULATION

    夏は涼しく、冬は暖かい完全外断熱工法の家

    DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)断熱構造
  • 8

    FAS BRACKET

    鉄骨躯体を家具に拡張するオリジナルブラケット

    DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)オリジナルブラケット
  • 9

    INNER GARAGE

    規格住宅では珍しい骨が剥き出しの内部ガレージ

    DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)インナーガレージ
  • 10

    VOID

    陰影に富んだ変化が楽しめる開放的な吹き抜け空間

    DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)吹き抜け空間
  • 11

    WOODDECK

    内装の床から連続的に見せるミッドセンチュリー的ウッドデッキ

    DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)ウッドデッキ
  • 12

    BOX DESIGN

    効率的に無柱空間ができる箱型のレイアウト

    DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)レイアウト

TYPE-Bが“強くて、暖かい”理由

鉄骨住宅であるデイトナハウスの基本性能は、耐震強度と断熱性能でもワンランク上のレベルを標準化しています。

標準仕様で安心の耐震等級3

TYPE-Bは、標準仕様で最高レベル “耐震等級3”をクリアしています。大地震の到来が心配な昨今、この安心感は見逃せません。更に鉄骨住宅ならではの、合法的に素材感のある骨を剥き出しに出来ることや、木造とは異なり“腐らない”、“燃えない”ことも、TYPE-Bならではの大きなポイントです。これからの時代に住宅を選ぶなら、やはり鉄骨なのです(耐震等級3の取得により『フラット35SプランA』に対応しています)。

  • 耐震等級 1

    耐震等級1
    • 数百年に一度程度の地震
      (およそ震度6~7)で倒壊・崩壊しない
    • 数十年に一度程度の地震
      (およそ震度5)で損傷しない
    • 地震後は大幅な補修や建て替えとなる可能性も高い
    • 一般的な住宅の耐震性能
  • 耐震等級 2

    耐震等級
    • 耐震等級1で耐えられる地震の1.25倍の震度でも倒壊・崩壊しない
    • 震度6~7の地震後でも、一定の補修程度で住み続けられる
    • 学校・病院など避難所になりうる施設の耐震性能
  • 耐震等級 3

    DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)TYPE-Bは耐震等級3
    • 耐震等級1で耐えられる地震の1.5倍の震度でも倒壊・崩壊しない
    • 震度6~7の地震後でも、少しの補修で住み続けられる
    • 警察署・消防署など災害復興拠点になりうる施設の耐震性能

POINT

LGSパネルに設けたダブルのブレース(筋違い)。この力を受け持つ重要なパーツをあえて見せる事で、インダストリアル感も演出しています。

  • DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)LGSパネル
  • DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)LGSパネル

冬は暖かく、夏は涼しい全面外断熱の家

新省エネ基準をクリアした確かな断熱性能
DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)は断熱の家

鉄骨の家と聞くと、ただ印象だけで「寒いんじゃないの?」という質問をする人が多くいらっしゃいます。しかし、TYPE-Bは外壁全面と屋根に『ミラフォームラムダ』という板状断熱材『押出法ポリスチレンフォーム』を使用した住宅ですので、その心配はご無用です。

押出法ポリスチレンフォームを貼り巡らした特注の外壁材を用いる事で、これまでの木造住宅より格段に高い断熱性能を確保しています。これにより、“冬は暖かく、夏は涼しい”という快適な居住性を実現するのです。2020年に義務化される予定の『H25年改正省エネ法基準』をすでにクリアしているその断熱性能は、クールな見た目とは真逆の“ローエネルギー”な住宅となっています。

だけではなく床と屋根も断熱仕様
DAYTONA HOUSE(デイトナハウス)断熱材を使用

2Fの床と屋上の下地には、板状断熱材を一体成型したコンクリート板『Gスラブ』を標準装備しています。その断熱厚みは何と50㎜。ガレージでの底冷えと屋根からの熱をカットします。

閉じる

モデルハウスや商品のこともっと知りたい